違和感が武器じゃない?

 

キスマイBUSAIKU?!やキスマイレージで並んで映る時、歌番組のコメントを言うために並んでいる時、ほとんど映らないけど曲中で映る時、などなど。

単体だと目立たないのにジャニーズ内に佇んでいると感じる、横尾さんへのモヤモヤ感…

 

なんだろう、なんかこの人、なんかなぁ…

と思っていたら唐突にモヤモヤ感の原因に思い当たりましたー

 

例えば原田芳雄さん、例えばショーケンこと萩原健一さん、例えば火野正平さん同じような年齢にしてグループの中に置いたときのような!(って例えがオジサンすぎますがご容赦)

 そう、モヤモヤの原因は「存在の違和感」です(たぶん)

他の人と雰囲気が違う、あっち側(どっち側?)向きというか。

 

テレビやDVDで拝見する限り

普通にチャラチャラしている、言ってることも浅いときもある普通の年相応のあんちゃんのようなのに、ジャニーズ内では違和感があるように見えるんですがどうですか?

例えばもう職人枠でお父さん集団みたいなTOKIOさんの中に置いても、特番時期のジャニーズ大集合の中に置いても…。

 

なんなんでしょうね、この独特の影感?黒目の暗さというか。

 

素人的にみるかぎり2014年後半あたりからグググッと老けた、というか枯れた、というか、何かがなくなりましたよね。関根さんやら梅沢さんやら澤部さんやら井戸田さんやら、情報番組の司会者さんの中やその他諸々他のジャンルの方のお隣にいればそれ相応に若いし青い感じなんですが…、アイドルという感じゼロ。

 

ジャニーズのなかでは違和感あるからといって、アラサー世代の俳優さんの中に置いても、それはそれで違和感あります。存在が宙ぶらりんだからですかね。色んなことに覚悟決まって肝が据わっているように見える玉森さんでさえ俳優さんの中にいると違和感あるのでね。

 

けどもどっちかというと、この影感や変な枯れオーラは俳優さん向きかなーと思ったりしてますんですけどね。本人にもし自覚なくてもジャニーズには見えないっていうのはいいことだと思います。

ただ、滑舌と声質と、「演技」が出来ないってところに問題あるのが本当にネックだけど(全部や…)なんとか無口な役から始めていけないもんかね?

 

向いてない、ファンには嘘つけないと分かっていながらアイドルやめられない理由が、「現場は好き」「メンバーは好き」「芸能のお仕事は勉強になるから好き」っていうことなら、芸能界に残りつつ出来る何かやればいいいじゃーん、と素人は思うのですが、

 

あの事務所をやめて芸能活動するのは至難の業っぽいし、単体でイチから位置を確立するとなると嫌でもアイドルやっていたほうがよいという選択なのか。

なんであれ、まー、テレビの中の人のことなんで、何を思っておるのかどんな人であるのか本当のことは何にも判らないしなんでもいいでーす。

スタイルは飛びぬけているので、普通に動いているだけでかっこいいので、かっこよく見えるうちは頑張って芸能人してくださーい。