chocomotan’s blog

漫画アニメドラマについて書いています。フェロモンある人が気になります。

恋は雨上がりのように、実写。

高校生17歳の橘あきらとファミレス店長で45歳の近藤正己が主人公です。

なんで17歳女子が45歳を好きになったか、っつー入りが若干弱いんですが、好きになんないとストーリーが始まんないもんで(笑)

恋愛メインというより、年の差のあるお二人の、あきらさんにとっても店長にとっても、お互いが知り合って関わっていくことで自分の人生を行く先を見直すという感じのお話です。

作者さん的にはタイトル通り「雨」をキーワードに展開したいのかな、って思う節が色々出てくるんですが、今のところちょっとあまり効果的に使えてないような。

 

このお二人、お互い情熱をもって打ち込める特技や才能を持っていますが、色んな事情から今はそれに正面から取り組めずにいます。

今のその状態を「雨宿り」、で、お互い一歩前に進むときが「雨上がり」って意味なんじゃねーのと思っていますがどうですか?

「雨が上がった時」初恋成就なのか、やっぱり年の差ありすぎるよ、とか、特技に立ち向かってみるということで恋はひとまずお休み的に店長から巣立っていくのかはまだ分かりません。

ちなみに現在9巻まで出てますが、8巻まで読んでいてスキンシップ1回だけです。慰めとしての?友達としての?抱擁のみ。

読者の方の中には、このまま何も恋愛絡み無で終わって欲しいという人も多いようです。アラフォーの方とか割とそういう意見みたいですね。旦那が同年代だったりリアルに娘がいたりしてキモく感じるのかな?

 

私はですね、店長40歳くらいにしとけばよかったかなーとは思います。とっぴな設定が必要だったとはいえ、45歳は無理したな、ってところですかね。

「枯れ専」のわたしですが、リアルでは45歳を恋愛対象はちょっと難しい…。田舎の現実社会にいる45歳は「深くおじさん」になってまして、「老い」がね、見える。そうなってくると、男性的な魅力は薄くなってきますよね、ぶっちゃけ。でも漫画的には別にスキンシップあっても全然いいですけど。漫画ですし。

 

原作は店長の心の声や戸惑いのコメディっぷりが見所なんですが、実写版では大泉洋さんが演じられます。

うーん、ピッタリ(笑)

コミックの容姿的に店長は、オールバックでガッチリ系なので、ちょっと見た目違うんですが、戸惑いっぷりのギャグ演技は絶対合う。

美人女子高生あきらは小松菜奈さん。

うーん、これも合ってると思う。「ゴミを見るような目」とかうまそうね(笑)

でも初恋中の幼い初々しい可愛さ、出るでしょうか。あきらも普段はポーカーフェイスなんですけど、小松さん、はにかみの表情とかあんま想像出来なくて。そこだけ気になりますけど。

アニメも放映されるらしいんですが、結局なにかい、結末は映画、アニメ独自に作るのかい?

結末が未定なのに実写化する、というのはもうお決まりなんですが…私はそれ嫌なんですどね。

www.koiame-anime.com