面白くなる?西郷どん。

ロシアンルーレット

 

という感想で溢れた西郷どん第4回。

別に厳密な時代考証望んでないので、おおまかなエピソードがあってて面白けりゃなんでもいいです。今回、ずーっと置物のように座ってるだけの鹿賀丈史さんが初めてたくさん演技されたのを観れたことが良かったー。「お前が好かんっ」お芝居合戦良かった。

 

この4回分は「西郷さんはこんな人」っていうエピローグなんですかね。お話はね、いまのところ面白くない…

 

 

着てる服が一緒で年月の流れとかが生活の流れが感じられないのもつまらなさの一因かなあと思ったりして。

「斉彬さまが、藩主になられるっ!」

は?今さっき父ちゃん島に流されってったとこじゃん(笑) いつの間に2年経ったw みたいな

 

いくら貧乏つっても毎日毎日同じ服、お仕事に行くのも同じ服。家族も近所も友達も、挙句の果てはお殿様たちも妖怪側室もずーっと同じ服w

 

せめて18から23歳になって着こなし変えるとかさー

洗い替え用のやつもう一種類作るとかさー

ちょっと髪の結う位置変えてみるとかさー

母ちゃんずっと同じ場所にいないで、今日は洗濯、次は鳥追いかけてるとかさー

なんか「ちょっと時間経ちましたよー」みたいなの欲しかったですよね。

ふきのエピソードは粛清のあとに入れるとかさ。「傘作り慣れたか?」とかいう場面いれるとかさ。苦々しくも淡々とお勤めに行くシーン数回入れるとかさ。

 撮り方のせいなのか同じ風景(場面)が長く続く感じが多いから余計つまらなさが。

 

今のところひたすら叫んだり「熱くてお人よし過ぎる人」みたいな感じを表現させられている鈴木亮平さん。

わたし的には「じゃっどんそいわ…」の切なさと「父上っ、ちちうえっ」の呼びかけが可愛くて良かった。

 他のお芝居見たことないのですが、繊細な役がうまいんじゃないのかなーと勝手に思いました。あとはエロ目的じゃない大人のエロス的な話とか。出そうと思えばすごい出せそうです。フェロモン。

 

ほんのちょっとしか登場していないんですが、瑛太さんが全体にうまーい。なんかうまーい。

こんな方なんですね、他の出演作品見てみようかなーと思う位です。

 

ケンワタナビは…実はあんまりお芝居自体はうまくないのではと思っています。勢いと熱さと引きつけの強さと圧倒的華が売りのワタナビ。

馬に乗って出てきたらば「わーっワタナビーだーっわーっ、わーっ!!!」

板の間を鎧でガシガシ歩いてきたらば「わーっ殿じゃーっワタナビーっ!!」

って、もうとにかく存在に浮かれてしまう、そんな感じ。お芝居のレパートリーあんまなくてももうワタナビーなだけで成り立つ感じ。

 

 

いま、「家セット→田畑もしくはどっかの山道もしくは武家屋敷→斉興お座り」の3場面のみの絵面のつまらなさばかり気になるくらいお話の内容が薄いので、役者さんの演技力を思いっきり見せつけられるエピソードがどんどん出てくると面白くなるのかなー。時代劇の「JIN-仁ー」は面白かったのになー。場面を細かく切ったのをたくさん繋げるとベタっと感が減って躍動感出るのかなー?わからんけど。

 

さて、鈴木さんはブログを書いておられます。

宣伝営業活動のお仕事ではありますが、「応援してください」「嬉しかったです」「こんなことしました。」以外に、自分の思ったことというか声を少しでも書いて、さらに写真も載せている、なかなかにマメな内容にやられております。エリート営業マン。

 

鈴木さんの熱演と面白さが比例するようになればいいなと思います。(営業にやられているBBA)