chocomotan’s blog

漫画アニメドラマについて書いています。フェロモンある人が気になります。

勇作さんは悪霊ではない考察、るろうに剣心の巴パターン?(ゴールデンカムイ)

毎週日曜の夜、「あ”--…明日月曜日だぜ…」とちょっとブルーになった途端、

「ん?明日月曜日じゃーん!」と嬉しくなっていたのですが、ゴールデンカムイアニメは10月までお預けのため、ブルー日曜日復活でございます。

 

土方歳三さん役の中田譲治さんTwitterでは、制作中です!というコメントと共にキャストの方のお写真が投稿されておりました。

 

前回も書いたかもしれませんが、アニメでは茨戸編の触りと、結末だけ放送してまして、「あれはアニメしか観てない人、『なんじゃコレ』ってなるんじゃないの?」と思いましたが、山のようにいる尾形百之助ファンのことを考えると

山本理髪店でのセリフ、

「そういうんじゃ、ねーんだなぁ…」が放送されてよかったなと思っています。

そして、本誌では、風邪をひいて弱ってしまった尾形にを見て腰が立たなくなっているファンも多数おるのではと思われます。

わたしはやっぱり杉元ボイス派です。津田ボイスもエロいけどね。

本誌では、絵を描かれるゴールデンカムイファンの方が大好きな「勇作さん」こと、義理の弟「尾形勇作」さんも登場し、尾形に「よくないものがついている」と言われていましたね。

 

でもこれ私は思うんです。

 

るろうに剣心パターンじゃないのとね。(また出たるろ剣)そう「巴、縁編」のアレ。

 

あなたが笑えば、あなたの心の中の私も笑います

(台詞うろ覚え)

 

これっす。

 

剣心は事故で最愛の妻である巴を斬ってしまいます。で、それ以来、心の中で想い出すの巴さんは無表情のような哀しい顔のまま。

その表情を見て剣心は「自分の『人斬りの罪』と、『巴さんを斬った罪』を巴さんが責めている」のだと思う訳です。だから自分は幸せになってはいけないというかんじに自分を責めるわけですな。

 

ところが、色々忘れましたが、剣心が自分の生きる道を見つけて前に踏み出すことが出来たときに心の中の巴さんが微笑むんです。

そのときに巴さんがいうのが上のセリフでございます。

 

要は、剣心が勝手に(維新前の人斬りや戊辰戦争の人斬りは環境のせいですし、まあ巴さんの件については別に巴さん怒ってなかったのに)罪の意識を持っていて、巴さんの面影に自己投影していたということです。

 

尾形の場合、勇作さんを撃ち殺したのは、環境のせいでも事故でもなくがっつり「故意」、ごりごりに「殺意」をもってぶっ放してますが、

親父やお母ちゃんを殺した時と違って『罪の意識』を持っているので、それが自分自身を苦しめとるんですわね。

なので、苦しめている原因=よくないもの、という解釈で、シャーマンみたいな人は勇作さんをよくないもの、って言ったのじゃないかなぁと思ってます。

 

殺しやがってぇぇえええっ!!!祟って祟って呪い殺してやるわぁあああっ

みたいなこと、勇作さんにはないと思うんですけども。

 

で、怪物鶴見中尉が勇作さんをたぶらかそうとしていた事実もいよいよ明らかになりました。その経緯で、勇作さんの良さに尾形が気づいてしまって、でも鶴見中尉に妬む気持ちも持っているところに付け込まれて……とうとう撃っちゃったんじゃないんかなー。

100%自発的に殺害したのではないから苦しむのではないのかなー。

で、中尉の策でこのあともいろいろ尾形が勇作さんに近づいているうちに、勇作さんも尾形の思惑に気づいてしまってて、「自分殺されるかもなぁ…」って気づいてたんじゃないのかなー。

兄様のためなら殺されてもいいです、的なこと言ったか、尾形があとでそれを知ったとか…。

 

というわけで、勇作さんは悪霊ではない。尾形を苦しめているのは尾形の罪悪感ということで、勝手に考えてみました。

 

本誌もう30分後に公開だわー。