chocomotan’s blog

漫画アニメドラマについて書いています。フェロモンある人が気になります。サイト上に掲載される画像、その他の著作物に関する著作権は、原著作者その他の権利者に帰属します。

ミステリと言う勿れ。ー誘拐編ー

「推理」とか「考察」で検索しても昔と違ってあまり出てこない…。

昔はブログとかで考察している人多かったけどね。

 

10巻はドラマ放送前月の今年12月に発売予定とのことで、今掲載中の誘拐事件の回と、新事件もあるのかな。

 

今月は休載で来月にならないと誘拐事件の進展は一般人には分からないので、自分が思う事だけ、的外れ推理してみよう。

 

<鍵山事件の被害者の苗字>

3人の子どもが犠牲になったというこの事件、青砥さんから整くんへの説明でも、一人目の「雪ちゃん」の話は出てきたけど、「雪ちゃん」と言っているのが違和感。

被害者の「はて山はて子 10歳」とか言うものじゃない?

整くんが、図書館で事件の過去記事調べているから、もう苗字知っているということであまり関係ないのかな?

 

・廃れていてもいざとなると有能5ちゃんねる。

先生のトピックでたくさん推理されていて「へーすごーい」となってます。

小諸さんが行かされたポイントが「魚」つながり。そして、「シテンチョウ(ウオ)」という魚がいるんだそうな。

すごいねー。推理した方。「たいやき広場」、「大瀧公園」、「釣り堀」確かに。

そして、連れ去られた子も「釣り」繋がりの時計を餌に連れ去られ、容疑者の先生は「スイミングスクールの先生」の「イルカ」先生。

何か「水」や「魚」つながりのなのかな?星座?

 

・小諸のバッグの中身

これは、井口竜樹くんじゃないですかね。

 

・嘘つきで狡猾だと言い切る理由

小児愛者でちょっとした微罪もあるということだけど何故そんなに発言を信用しないのか。

嘘つきだというけど、「何」に対しての積み重ねでそんなに断固言い切るのか。なんか青砥さんの拘る部分がまだみえないのが何かの鍵?

 

<仕事仲間はみな「見た」という雪ちゃん、小諸だけが「見てない」>

これ、仕事仲間がみなグルだったらどうなの?と思ったりしてます。

大勢が証言して一人だけ違うことを言っていたらどっちを信用してしまうか。

しかもその一人は端から信用する気のない人間。これはもう、ほんとうに雪ちゃんが通ったのかどうかしっかりした捜査をせず、思い込みで進んでしまうよなと。

山から見つかった子供たちの白骨が多すぎるので、組織的な感じで子どもを攫う、人身売買とか。

今回の誘拐、「輪の中」という言い方をしているのが気になっていて、例えば臓器移植が必要な子の親のネットワークでもあって、その親が我が子に臓器を移植するために合う型の子を攫っていたとかね。

 

久我山実知

名前だけ出てきて何もまだ明かされていない記者。これは何かあるね。

青砥に「ちょっとだけ恨みがある」というのはこの人かな。

 

・鳴子巽

これは喜和さんのストーカーだった人とか。

 

・天達先生黒幕説

これは前書いたとおりでね。星座とかそういうのを信じないが故に「それ」で人の人生を操ってやろうとかいうね。そういうやつかなとか。

喜和さんが亡くなった時点で壊れてしまって黒幕にっていう説もありそう。

 

誘拐事件については何の推理にもならないけども…。

今回の事件は14-4くらいまであるのかな。

 

来月が楽しみです。

 

「ミステリと言う勿れ」※ネタバレもあるので注意

一時期よく色んなサイトで広告に出てきて、それきっかけで読んだという人も多い漫画では?

自分は元々「BASARA」「7SEEDS」と読んでいたので多くの人が引っかかる絵柄については全然抵抗なかったんだけど整くんの髪形に抵抗があって(笑)読まずにいました。

が、無料の力は凄くて1巻?だか2巻までだか無料なのを読んでしまったらもうその次の日には既刊大人買いです。

やはり田村由美さん凄し。

 

そのうちドラマ化しそうだなと思ってる。設定的にも広島篇の蔵乱立以外はセットつくれそうだし、1話1話の登場人物も基本的にコンパクト。

 

整くんは大学生だけど、ぽやーっとしつつ抜け目ない雰囲気は、もう30歳越えてらっしゃるけど何となく玉森裕太さんのイメージ。でも志尊淳さんとかなのかな、なるとしたら(身長とか年齢的に)。

あとは若めの流行りの人っていうと誰なのかね、もう自分のような年齢層の人には分からないような人になるのかなチェリーがどうとかの人とか学園モノで生徒役してる新進気鋭の推されの人とか?

 

 

 

 

 

さて、ネタバレになるのだろうけど……※嫌な方は下がらないで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の章の黒幕は、天達先生かな…とか

 

占星術とか毛嫌いしている→毛嫌いしている存在で人を踊らせている

 

★操っている人たちに言っている「自分を知りなさい」のワードを整くんにも言っている場面がある

 

恋人の喜和さんが亡くなった時点で壊れてしまったのかなとかね

 

でも何にしても面白いことには変わりないので読み続けたいです

 

しかし新刊が出るペースが半年に1回なのが長い…

それでも他のマイペースの作家さんよりずいぶん短いのだけども

 

節目節目に「生きろ」。

3人の「生きろ」が感動を巻き起こしていたころは自分はまだグループに興味を持つちょっと前。

 

嵌って以来「おもしろーい」「歌うまーい」「話上手ー」と毎日喜んでいるんですが、すぐ今年の音楽の日の歌唱も観ました。(文明の利器はちゃんと小金を落とす人間を引っ張ってくるから何もかも規制してはダメだと思うんだな)

 

本当の歌割も、そもそもどんな歌かも知らない状態で見たんですけど、上手いとか下手とかの前に「ああ、いいね」となりました。落ちサビ?っていうんですか、一人で歌うとこ、あそこで何か知らないですけど自分を見つめるメンバーさんを観て苦笑いみたいになったますだ(黒髪)さんにグッときたりしました。

 

その後本来の4人バージョンも見たんですけど、それを見れば「あー、盛り上がりのとこ全部1人で歌うことになったのね」と解ってまたグッとなり、配信のライブがあったそうでそこではてごしさんの部分は歌わなかったというファン様の話を見れば「あーファンの人しか見ないやつではそう出来たけど番組ではそうはいかないもんな」とか勝手に思ったり。

 

この「生きろ」、今回のタイミング以外にも節目で歌われていたんですね。

素人でも言われれば思い出すあのお酒絡みの出来事。当時は「Jの人だって若くて綺麗な子とはしゃぎたいだろうよ」と思うだけでした。キャスターやってることは知ってても観たことないし、作家さんだというのも情報番組で聞いたくらいでそもそもご本人達をほぼ知らんし。

ネットニュースや情報番組で目にするので、謝罪したとか音源が流出したとかも知ってて音源についてはコールの内容も知ってまして「ノリノリやんw」と思った記憶が。

私みたいな一般人でさえ知ってたってことはそこそこ広く知れ渡ったんだろうなと思われます。

ギョーカイや同じ事務所内では「運悪かったね」的な軽い扱いかもしれないし、ファン様の間では「あれは〇〇くんがはめられた」「あれには本当は裏事情があって」とか一生懸命擁護の仮説や意見が出たのかもしれないし。

でもTV越しに顔くらい、もしくは辛うじて名前くらいまでは知ってるって人にとっては「なんか未成年と酒のゴタゴタ起こしたことある人」っていうレッテルで割と記憶に残るんですよねぇ。

ファン様が言ってる一生懸命の擁護の話も、そんな話すら知らないんです一般人は。

 

その自粛の期間が短いとかいって批判されてたのも覚えてます。で、それの復帰がTHE MUSIC DAYの2018年版で、曲が「生きろ」だったと。

この時は加藤さんが主演のドラマの主題歌だから歌ってと言われたんですかね。

どうでもいい人しか出ない音楽番組は見てないので詳細知らなかったんですが、なんとこの自粛復帰以外にも、先輩口パク煽りの問題が出ていた頃がちょうど同じタイミングだったんですね。

ひー。ある意味ナイスタイミング。

今思えば、4人中3人がゴタゴタしてるこんな盛りだくさんなタイミングで生放送出んの?wってなるくらいの話題性。しかも司会はその口パクと揶揄された先輩。

確かに先輩が握手しながら頑張ってねよろしくと言っていたって記事を見かけて、口パク批判の記事の件もニュースで見てた自分は、まさかこの番組が記事出た直後の出来事と知らず「あの件知ってて握手って。お坊ちゃんこええ」って思った記憶あります。その時期が直近も直近と知ればなお背筋がゾクゾクするわ(お坊ちゃま的にちゃんと応援や和解?わだかまりなんてねーよの意図があったとしてもコワイ)

にしても4人だと全然また違うんですね。そして相変わらずほぼ2人の声しか聞こえないっていう…。他のお2人の声も勿論聞こえるんですけど、音量がもう。

あとてごしさんは変な作り笑いより無表情のほうがいいと思ったり。

 

どっちも見て「あーますださんはいっつも違う人のために謝罪して真っ先にお辞儀してんだなー」と思いましたね。不憫ていうかなんというか。

心から出たものなのか、エンターテイナーですからそうしておくことでファンの人が安心するしグループのイメージも良くなるってところからの行動なのか分かりませんけども、どっちにしても率先して出来るってのは出来る男です。

色々聞いたりしていると、ますださんはグループになんかあると担当する番組で「いつもより楽しい放送をお届けできればと思います」って言うことが多いように思うんですよね。

今回分の不祥事だの退所だのの前、「いわゆるメインが抜けて4人になった」っていう時「お涙頂戴演出」ばっかりで批判殺到したみたいな話も読んだので、それ以降の心がけなのか、さらにその前の退所だの不祥事だのの(波乱万丈だな…)時からそうなのか、まっさらな最初っからそういうタイプなのかは知りませんが、これ上手い言葉ですよね。

何も言わずにちゃんと仕事すれば「何はしゃいでんだ。反省してねーじゃん」とか思われそうなところを「そういう心がけにしますね」と言っておくことで、聞いてる方に「ああ(よぎる色々な事情)、うん。そうだよね。頑張れ」と思わせるっていうね。これまた仕事出来る男感。(別にますださんが原稿考えている訳ではないとしても)

でも実際いろんな情報知った直後ってどんな心境なんでしょうね。どんな人か知らないので何にも想像できません。怒りが出るのかめちゃくちゃ凹むのか「どうしよう…」と人並みにはパニックになるのか、あの感じからはまったく想像出来ません。

知って事情を理解できたその後は冷静に「歌割どうする」「歌える歌はどれだ」とか「どうしていこう」とかちゃっちゃかちゃっちゃか頭を働かせそうなイメージですけどもね。

 

さすがにこの後は普通の神経なら遊ぼうが弾けようが大事な部分では羽目外しきらないっていう責任感は強く持ちそうですけどねぇ、どうでしょうねぇ。作家さんはしなさそう。

てかいい年だし結婚したらいいんじゃないの?皆さんさ。イケオジとかイクメンの部類に進出するとか、既婚者だけど隙があるっていうアプローチでいくっていう方向どうですか。(KPさんにも結婚しろって言っているけど)

 

今後どうやって歌ってく?。

さっそくお見掛けする機会があったので元々の方々目当てがてら今日の日テレ音楽番組を見ることに。

※色々怖いのでお名前は色で表記。

元々番組自体微妙にどうでもよかったので、ファンの方には必須らしいタイムテーブルを見てKPさんやNさん自体が一体いつ歌うのかも調べてなかったけど、ちょうど付けたら始まるとこだった。ナイスタイミング。

 

あー、ちゃんとお2人練習している感。素人にもわかるわ

 

しかし3人さんのパートでは20年選手の赤髪さんが普通に歌っちゃうだけでお2人の声ははかき消され赤髪さんだけの声になってしまう。

リハーサルとかやっていて音を合わせていても放送乗るとそうなるんだねーとか、まさかうちのテレビが低スペックだから音拾わないの?と思ったりしましたがどっちなのか。

 

うちのテレビ基準で行けば、本来赤髪さんの音の入り方がきっと歌手と呼ばれる人の音量。

蚊の羽音のような弱弱しいお声の美少女さんたちとJさんがパフォーマンスし「音が流れている時」と、その合間に時々混じっていた「歌手」さんたちが歌う時ではテレビのスピーカーの聞こえ方が「どした?」となるくらい違ってました。大勢マイクと1人マイクっていうバランスの違いもあると思いますけど。

 

応援してるKPさんたちは歌ってましたがそれでもマイクにしっかり音が入ってない声量で、J内では歌える方ではあるものの「歌手」とまではいかず。

そして誰かが絶対どこか音を外すパターン 笑

今日この人が大丈夫でも次はこの人がっていうね。中々練習できる時間も取れないのかただの失敗なのか知りませんけども、色んな界隈では「生歌なだけマシ」と言われていて「そうだよな。Jっていえば口パクだから、声出してるっていうだけでそういわれるよね。年末は上手いじゃんて言われるようになってるといいなー」と思ったりしました。

 

そして、なんか分かんないけど赤紫さんはやつれていた。痩せていた。お疲れ?

黄色さんは体調普通っぽくて声はいつも通りハッキリ目。黒さんは静かだった(あれの影響?口が悪くてファンに云々ていう)

今歌が一番伸びているターコイズさん。相変わらず安定して一番声出ていて上手く歌えてた。がんばれー

去年見ていて思いましたが、ターコイズさん、若いせいか元々体力があるのか疲れがあまりお顔に出ない感じなのでほんとうはヘトヘトなのかどうかすら分かりませんがとりあえず年長2人はカサカサと疲れた感じが。カサカサでもイケメンですけどもね。

 

Jで見かけた中で声がしっかり聞こえてたのは赤髪さんとWESTさんと関ジャニさん。(他のGは観てない。1人でカバー歌ってた先輩は1人なので調整できるため省く)

芸人さんがたいてい歌が上手いのはやっぱり普段から声張ってるから発声が安定してるっていうの大きいよなーと関西Gさんを観て思ったりしました。

 

にしてもNさん。差が20年だもんなー。

初期についてまだ全く勉強不足で知りませんが、大人数の頃からお2人も自分のパートもサビも被せであってもちゃんと声が続く限りは歌ってたのかもしれないですが、20年間「武器は歌」と思って色々な場で歌いこんできた人と合わせて歌って遜色ないように(とまではいかなくても音のバランス取れるくらいの大きさまで)今更飛躍的に声量って増えるもんなのか。調べてないですけど…どうなのかな?

 

加藤さんは俳優さんのお仕事もコンスタントにあるようなので安定して声張れたらプラスになりますよね。

 

収録の場合はあとでキュキュッと上げて下げて均等に響かせられるからいいとして、この先、生放送では赤髪さんのマイクだけ絞ることになるのか?とか、さらに派生して4人時代の歌については歌唱力お化けの方が歌う前提で作られていたのだろうし全体に高音域だけどどうやって歌ってくのかなとか、にわかのにわかなうえに技術的な事なんぞ知らないくせに考えたりしました。

 

レンタルさんの歌かわいらしいなー

レンタルさん自体もなー

ピンポンコップ入れ、アラサーなのに可愛かったなー(入っちゃうインテリさんと入ってビックリして鶏みたいにキュキュッと動く赤髪さん)

 

…でも赤髪さんご本人はお身体もそうですがゴリゴリに男っぽい話し方とか発想?なのを若干知ったので今は「あわわわわ(ギャップ…!)」となってプチパニックの最中な自分。

24HTVに無興味だけど出演者に釣られたので吐き出す。

アカウントほったらかしにしていて良かった…

 

KPさんを去年そこそこ見続けその流れで「あー顔は知ってる」「あーグループ名知ってる」という方々も覚えていくものの他のJには「おお!いいね」とはならないまま1年。

 

自分が勝手にJ祭りと呼んでいる音楽特番も初めてちゃんと意識してシャッフルメドレーとかKPさん出演部分だけ見て

「あー…

(事前に録音してんのか。こんな程度の音程の歌(失礼)でも歌ってないとか…)(画面を美しくするために配置されている先頭列のワンピースの一般人じゃない感じのお嬢さんたち綺麗すぎ)(結構J自体年配になってるよなー)(そもそもG多すぎない?この人ら全部にレギュラーやら毎クールのドラマ割り振るの若い男子=Jだったときと違って昨今では難しくない?)etc)」

と全く別視点で観ていましたが、そんな中ちゃんとマイク入っているときの音に切り替わってギリギリで生きていたいやつを歌った元NEWSさんは印象に残っていました。

ちゃんとマイクの入っている音でちゃんとした歌を歌ってたのでさすがだなーと。

コラボとかやり始めの昔はもうちょっとちゃんとみていたFNS歌謡祭やMUSIC FAIRやイッテQでこの金髪さん(何となくやはり仇名…)は歌が上手だと知っていたので、ヤフーニュースとかで先輩口パクバカにしてたというニュース出たときも「あー分かるー同じ意見」と思ったり。

そもそも歌出してるのに歌えないってどういうこと?って思うタイプなので共感大。しかも20年も歌に関して何やってた?とか思ったり…(バラエティは面白いので観たりしてましたし経済大貢献とか凄いなーとかは思います)←何かを恐れる

 

 

で、今年8月、薄ーくJ知識が増える中KPのキシさんを観ようと録画していた24時間TV事前番組の数々で一緒に赤髪さん(黒髪さん)が出ていました(流石に顔とお名前は知ってる)→何でか動画漁って→すっかり興味持つ(今ここ)

 

24HTV関連自体も

・本放送は歌舞伎と夜中のしやがれ以外観てない

・退所の云々も「へー今回は辞めるの?」ってくらいの意識

・本放送赤髪さん自体24Hで役割多くもない(あとでめっちゃ忙しいからほぼ役割なしだったんかなと知る)

・5人分エピソード語らせるから1人1人そんなフィーチャーもされない

のに何で動画漁るほどになったのか…。

 

多分事前番組でのお話が面白くて(最初はしやがれ)→他の番組の部分も見る

→やっぱりなんか面白くて→関連で引っかかってくるやつ事前番組以外見始め(ここがきっと第一歩)

→やっぱり面白くて→美的の水泳出てきて

→へー、アラサーから色気解禁?(色気あるもの・人好き)とファンの方のブログ等で知る→色々見る、ファンの方のブログなどもさらに見る→見続ける

 

人生不思議

何で引っかかるか分からんですよ?芸能人の方々。たったひと月で微々たる金ですが落とすようになる奴が出来上がる。

 

金髪さんが上手いと知っていたのに赤髪さんの存在はほぼ意識に残ってないっていうのも脳の不思議。そういや歌が上手い2人としてMFはセットで出てたなというのはすぐ思い出しました。

 

で、今ガンガン動画見れば

「あー。そうそう、これ凄いなと思ったわ当時」

(ワールドカップの♪僕らwill be oneの時のフェイク?(何?長く伸ばす奴)とか、歌い出した時「あら!ちゃんとマイク入ってるわこの人ら!」(ちゃんと歌う人好き)と思ったとか国名言うのすげえ)とか

「あー。金田一さん。よく見ればちゃんとGにいるやん(当たり前)」(平成最後の金田一合ってると思うと思っていた)とか

 

chocomotan.hatenablog.com

 

「あー。実験してたね、そういや」(何かで見た神経衰弱)とか

記憶力だけは無駄にいいのでチラッと見たこともドンドン掘り出されてきました。やっぱり印象に残ったものは憶えてる。

 

で、まだまだ何にも分かってないけどもちょっと分かった中で今一番の関心は

『「へー辞めたんだー」としか思ってなかった金髪さんの脱退、大丈夫なの?歌唱力的に』です。

にわかもにわかのくせに真っ先に「赤髪さん1人背負う感じになるのでは…?」って浮かびました。

 

【加藤さん】

色んなお話上手(相槌とかそのあと促すとこ)。独特感。でも、曲を歌うとなると調整されてるであろうものでも素人にも分かるリズムやテンポのズレとか音程はもっと頑張ったら取れそう。リズムについては運動神経悪いってご自分で言ってる&言われてるくらいなのでこれはどうしようもないのか、やっても直せないことってある。でも出る音聞くと声出すことには可能性感じる。

【元キャスターさん】

おしゃべり上手(ラジオ)。曲歌うとなるとGの曲が元々音域高すぎるんだろうなぁ。そもそもあの歌い方(喉で歌っちゃう感じ)では声出ないだろうなー、もし喫煙されてるならご年齢も相まってなおさらもう色々難しいかもなーとか、下部ハモリ担当にしたらいけるかなーとか

 

赤髪さんそういう面ではキッチリ言いそうな雰囲気ですが今までそういうの言ってこなかったんでしょうかね?金赤で支えられると思ったのかな?言ってきて今なのか分かりませんが

真偽は不明だけど腹式呼吸のしっかりした発声方法で歌うのって10代?(若いうち)内に訓練しないと習得難しいというのを見たんですけど、今Gはアラサー(アラフォー)。

 

どんな感じになってくのかちょっと見ていこう。

(ファンの方たちは有料の配信とかご覧になって心配してない!みたいな意見ですけど)

やっぱりヒースJOKER、しかしホアキンも。

ジャックニコルソンがジョーカーやってたな、あの化粧=バットマンの敵っていう印象はありました。演技はみたかもしれないし見てないかもしれないしみたいな曖昧な記憶です。

きっちり白塗りでキッチリカラフルに色分けされたあの感じがきっと公開当時はアメコミ感を表すのに合ってたのかもね

お話も娯楽的な感じ。

 

時は流れて2000年代。

f:id:chocomotan:20191002232935j:plain

amazon The Dark Knight ポスターから引用

ビジュアルで一気に持ってった。

もう言わずとしれたヒース・レジャーのジョーカー

薄汚れた化粧にまだらな金髪。

真っ黒い目。

 

バットマン ダークナイト」です。

物語も深いしマシーンやらハイテク機器やら大掛かりな爆破やら娯楽要素もたっぷり。

キャストが豪華、でみな演技が上手い。

演技がよいところにストーリーもよい、となるとヒットするべくしてした作品でしたね。

バットマン三部作公開のタイミングも非常に良かったのかもしれないですね。

1990年代から2000年に変わって数年。アホみたいに世界は変わっていってます。

バットマンロビンが1997年、毎日技術が進歩しているような印象の映像の世界で8年は大きい。

あと既存のダークアメコミ感重視、エンタメ感のバットマンシリーズと大きく変わった印象を与えたバットマン ビギニングが映像が凄くて注目されていたような

その続編な上に、こうきたっ!!!すげえ!すげえよ!!っていうジョーカーのビジュアルね。思いつくようで誰も思いつかなかったこの感じ。

 

「レオン」では冷酷にマチルダ家族をぶっ殺していたゲイリー・オールドマンは渋い渋い刑事さん役。

たまらんね。あの渋み。あの色気。枯れ感。

レオンとは反対に涙を流して命乞いをするという正反対の演技に結構胸熱です

ハービーと同じくこれは最愛の人を亡くして頭がやられるパターン…と思ったらバットマンが来てくれた

憎しみでダークサイドに落ちるという負の連鎖は止められたけどバットマンは濡れ衣を着て逃亡するという悲しい運命に

 

表の世界では重役として企業を支え裏ではメカニックも担当する理系オジはモーガン・フリーマン

普段は飄々とした雰囲気なのにジョーカーがどんどんやりすぎていく様子をTVで見ている静かな怒りの様子がたまりません。

 

そして執事アルフレドはマイケル・ケイン

ここまで名前羅列しても鳥肌物のキャスト

ダークナイトでは出しゃばらずムードメーカな雰囲気です。

 

イケメンお坊ちゃまで恋愛には不器用なバットマンクリスチャン・ベール。イケメン~

 

で、ジョーカー、ジョーカーといえばもうヒース・レジャーのこれ。

ヒース・レジャーは自分が見たやつだけですが、ロックユー!のときはイケメン全開の役柄。

ブラザーズ・グリムあたりから演技が深くなってきた感。で、ブロークバック・マウンテンでノミネートされてからのこれ。

隙間隙間に公開されている作品との時系列まで調べていないですが、トントンときてての逝去でね。

あがり症だったということですがその影響もあっての薬物?

薬ちゅう役にやりきるために接種したら抜けられなくなったとか?

芸能の世界はこういう亡くなり方が多すぎて悲しいです

 

暴力こズルい暴力こズルい暴力!!!のどちらかというと外向的なダークナイトジョーカーですが、

ホアキン・フェニックスの「JOKER」(2019.10.4公開)は…不穏な空気、病みそう、辛そう。

きっと物語の最初から彼は疲れて病んでいそう、というかギリギリな感じ。そして溜まりに溜まった不満とかいろんな負のものが外の世界に出るまで、つまり向こう側にいくまでが描かれるかんじですが、それがコワイ。

経緯をたどって見せられるのは辛い…でもそういうの無しにしても物語的にすごい面白そうです

 

 

運動神経無い人がアイドルダンスの動画を観た。

キンプリさんを観て「ダンス(既存のJの人々と)別次元」と思った素人が勝手に判断するMV。

 

洋楽邦楽問わず、またK-POPでも何でも上手で聞いてて面白い曲なら何でも聞く雑食ですがいかんせんあまりTV見ないのと情報が偏っているため世間の動きに疎い自分。

キンプリさんをきっかけに動画サイトで色々物色していたら昨今のJ事務所さんは昔からK-POPのグループがやっているようにダンス練習動画(という名の販促動画)を公開しているんですね。

 

へー

 

ということで観てみました。ウィキあたりでちょっと情報を仕入れてみたものの誰が誰やら分らないので服装の特徴などで伝えよう

※一般素人の感じたままなので悪気はありません。リアルファンの方がもし見たらどうぞ温かい目で…

怖いので伏字にしよう…

 

既存のJファンの方々からもデビューについて渋い評価を受けておられるような印象です…Smow 〇anさん

make it Hotという動画を観ました。

頭身桁違いの目玉逸材である方がやっぱりダンス桁違いに上手いかと

 

・上の方と同時デビューとなってファンの方がザワザワしているのをトレンド界隈でみました、Six〇ONESさん

すみません…

 

・上記2組と共に名前がよく上がっていた方がたTravis〇apanさん

VOLCANOという動画を観ました

「お、これはみなさん上手いんでは?」特に黄色赤青の国旗みたいな服装の方、すごく上手い

 

素人なので何にも分かりませんが上手い人ってなんか踵が浮いてることが多いというかテニスのサーブ待ちみたいな感じの姿勢。

テニスの人って軸は常に真ん中で左右どっちにも秒で動けるように踵浮かしていて、重力は上にみたいなじゃないですか

あんな感じというか

あと動くはずのない感じの関節の動きしてるように見えるとか

足さばきがあるようなないような部分でも全然気を抜かず細かいステップ的なことしてるとか

 

山ほどメンバーがいて誰がなにやらどれだけグループがいるのか分からないあのマイルドヤンキーぽい団体様や、去年再ブレークしたあの歌ウマボーカルのいるPUMPなグループさんとかは同じカテゴリーで同じ技量の気がするんですが、J事務所さんは何が違うんでしょうね。上手いっていうのと違って振付は上手に出来てます感というか…

ダンスの種類が違うの?

 

とりあえず習った何かが違うと最初の根本から体の作られ方や動かし方が違うみたいな感じがします

あと歌なしでパフォーマンスだけでお金を取れるレベルかどうかの違いもあるような

 

キンプリさんは上手くて顔が綺麗な人が集まってますが特に上手い平野さんはマイク持ったり口動かさないといけないのでテレビでは75%くらいな感じがします。

なんでかというと何かの動画で(ASSPなんとかかんとかって歌詞がある歌)をゴリゴリに踊っていて物凄くって「テレビのパフォーマンスでさえ『ウッマー!!』ってなったのにまだ上手かったのか( ゚д゚)…」なったからです。

髙橋さんはダンスを売りにしているということで上手いうまいと評判なんですがいかんせんテレビで抜かれる場面が少ない…テレビでしか見ないので抜かれないと分からない…

にしても上のグループさんが生歌でどのくらい歌えるのかまで検証しなかったんですが歌も上手くてダンスも凄くて顔もキレイでって、何をどうやって進めていくのかって感じです。戦略立て方が逆に難しいような。

とりあえず全員を引きでもっと見たいです