chocomotan’s blog

漫画アニメドラマについて書いています。フェロモンある人が気になります。

アシリパさん絶好調&杉元ボイス(ゴールデンカムイ11話)

…オソマ…

f:id:chocomotan:20180619021604p:plain かわいいw

 

くかはっ!…ヒンナっすぎる、オソマぁ…

f:id:chocomotan:20180619024540p:plain プルプルしているのがかわいいw

 

前回から引き続き今回もアシリパさんの言い草がとっても可愛い。変顔も原作のほうも可愛いけどアニメ版もかわいい!原作より台詞削ってあったりしてもそのほうがアシリパさんの場面ではテンポよく聞こえていいですね。

最後もね、「ちんぽせんせーいっ!」ってちんぽちんぽって呼ばされまくってたけどwあんな美人に…連呼…

 

ちんぽ先生は、なんだか普段は紳士でとってもいい感じ。みなの父のような落ち着き。性欲以外は落ち着いているしスーツもスリーピース(?)ですし。タイもなんつーの?イギリスとかみたいな細いやつでね。

声の担当の方は乃村健次さん。お写真見るとこんな野太い声出されるように見えませんけども、とってもハリウッドなお声。「ちんぽだ」めっちゃ穏やかなお声でちんぽの説明を…w

 

さて、全話通して気になっておるんですが、どうも微妙に説明が足りない部分があるというか、ちょっとだけ話の中に隙間が出来るかんじあってモヤっとしとります。

原作で説明書きされているところがない、ということではなくて、土方さんが渋川のところに殴り込みに行った時のような、背景がシャーって動いているけど土方さんの静止画が割と長く映っている、あんな感じの、ほんとうはもっと動いてるとこ入れれるのに静止画、みたいな変な「間」のような感じと言いますか。

コマの節約みたいな感じなんですかねぇ。転換が唐突だったり静止状態が多すぎたりするとこもあるので、もうちょっと繋ぎの場面も描いてーとか人の動きもう何個か入れてーみたいなとこあります。

 

かと思えば今回の牛山VS杉元の取っ組み合い対決は、原作ではちょっと分かりにくい動きと体勢だったのがアニメになるととっても分かりやすかったりして。杉元が投げたけど牛山が壁に足ついて杉元を放り投げ返してさらに腕を決めにかかって…っていう流れがわかりやすーい。

アニメ見てますと、なんだか重きを置けるところと置きたいのに予算上置けないから仕方なく静止画みたいなところが垣間見えるようでちょっと切ない…

 

そして今回の杉元ボイスですが、今回はどすの効いたお声が多くてちょっとざんねーん。猛烈に男らしいけど優しさに溢れてて、激しいけどガナるのとは違う、ほんでもって全体になんだか「品」があるお声の杉元ですが、あんまり迫力求めてガナると杉元ボイス大好きな自分は「んーっ!杉元ちがーう」となります。声のいい音波のとこ消えちゃうー。

家永に目舐めのことで怒るとこは「どす行き過ぎ~」

自己暗示云々から欲深い生き物のくだりのは「ちょうどいい迫力~」ってな感じです。(…引かないで)

 

で、なんと来週はインカラッマが出る…

一体どこまでやるのかいな?  ラ、…ラッコ鍋、いっちゃう?

ほんで今日は「ゴールデンカムイ」14巻発売!で木曜は本誌!すごいねー怒涛のカムイ攻撃だねーやる気だねー